ぴょん吉の家

ぴょん吉が目にしたり耳にした、いろいろなことを書き溜めていくブログ。

休むのは良いことだ。選んだのは自分だという覚悟があれば。

暇つぶしによくYouTubeを見る。

最近はよゐこのマイクラが面白すぎて、今か今かと待ちわびている(笑)

f:id:mgreen56:20170830230335p:plain

さて、いつも通りポチっとYouTubeのアイコンを押すと、人気急上昇中の画面に出て来たのがこれ。↓

「ぼくたち、休みます。」

実際の動画は見ていなくても、名前くらいはわかるユーチューバーたちの動画だった。

 

 

事の始まりは、少し前に放送されたホンマでっかTV。

これに登場したのが、人気ユーチューバーのヒカキンさん。

 

ヒカキンさん曰く、基本的に毎日動画を配信しているので、休む暇がないそうだ。

単に動画を取るだけではなく、それを編集する作業やアップする作業をすべて自分でやる。

しかも、毎日数本の動画をあげるので、その作業量は半端ない。

 

加藤アナ「その生活を?」

ヒカキン「6年くらい続けています」

マツコ「…幸せ?」

 

とマツコさんが心配するほどの事態だ(笑)

 

 

 

以前少し触れた、ユーチューバーのバイリンガールさん。

pyonkichi.hateblo.jp

 

彼女も1か月ほどYouTubeをお休みしていた。

そのときのコメント欄は、ずいぶん白熱していた。

後日、復帰したチカさんも動画にしていたが、やはりどうしても日本人の感覚は

 

「休みを取る」のは、いけないことだ

 

という感覚に偏りがちになるらしい。

 

とくにこの時のチカさんは、1か月の長期休暇。

一般的な日本の社会人からしたら、学生時代にしか味わえない贅沢。

「いいよな、ユーチューバーとかいう職業は」

とか言う人がやっぱり出てくる。

 

 

 

今の日本では、社会人が自由に1か月の休暇を取ることは、そうそうできない。

1か月どころか、月8日の完全週休二日制すら取れない仕事はたくさんある。

 

 

「ちゃんとプライベートも充実してほしいから、残業もしないようにみんなで協力しているんだよ。」

「子供の行事とかあったら、そっちを優先して、全然休んでね。」

「わたしも子供の行事に出られなくて、子供にすっごく悲しい思いをさせちゃったから、子供の行事とかはむしろどんどん出てほしいの」

 

と言いながら、週1休みの会社なんて普通にある。

まぁ、ママさんたちは比較的自由に休みをとって帳尻があっていたが、そうでない当時のわたしには休む理由がない。

1週間でこの会社を辞めた。(笑)

 

 

プライベートを重視して職を選ぶのは、悪いことではないと思う。

この会社は無理だな、と思ったらそうそうに見切りをつけるのも、良いと思う。

 

ただし、その選択をしたのはあくまでも自分であることを忘れるべからず。

 

責任は、選んだ自分にある。

そういう覚悟さえあれば、長い人生の中で「休む」という選択肢をとることは、次のステージによじ登るための、充電期間になりうるだろう。

 

日本社会で生きていくためには、休むためにも覚悟がいる。

人と違う行動をするには、覚悟がいる。

精神的に疲れてしまう人が多いのは、こういうところにあるのかな。

 

なんて一人思うぴょん吉でした。

 

 

 

 


ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村