ぴょん吉の家

ぴょん吉が目にしたり耳にした、いろいろなことを書き溜めていくブログ。

英語には「老ける」に対応する言葉がないらしい。

英語は別に得意ではないのだが、英語そのものの音の響きと言ったらいいのだろうか、聞いているのが結構好きだったりする。

 

洋画は必ず英語音声を字幕付きで見る。

(「字幕なしで英語」と言えないところが残念)

  

であるからして、英語関連の動画を見るのも割と好きなのだ。

 最近よく見るのは、Youtuberのバイリンガール、ちかさん。

f:id:mgreen56:20170528205121p:plain

(出典:https://www.youtube.com/user/cyoshida1231)

 

バリバリの日本教育しか受けてきていないからであろう。

イギリス英語よりもアメリカ英語の方が圧倒的に聞き取りやすい。

 

Youtubeを見ていたら、バイリンガールのちかさんが、こんな動画をあげていた。

 「気にしないでやってみよう!Age is just a number!〔#551〕」
https://www.youtube.com/watch?v=f960V1TxoyU

 

要するに、日本人は年齢を気にしすぎ!

年齢はただの数字でしかないから、気にせずやりたいことをやろう!

という内容。

 

ほんとうにその通りだと思う。

  

「毎日老けてんだよ。あなたも!」

いつも笑顔のちかさんが、こんな口調でイラっとした表情してるのが新鮮。(笑)

 

 

英語には

「老ける」という言葉にぴったりハマる言葉がないらしい。

「おばさん」というのに対応することばも、あるにはあるが、どちらかというと

「that woman」「that lady」という言葉で相手を指す。

 

確かに。それでいいよね。

 

自分の周りにも、正しく年齢を過剰に気にする友人がいる。

 

もう今年〇歳だよー!
やばいよ!
おばさんだよ!
終わったー!

 

あなたよりも誕生日が早いわたしを目の前にして、よく言えるな!

↑これをちゃんとその場で本人にいえる関係だから、まぁいいのだが(笑)

 

私自身、あんまり年齢を気にしないタイプ。

環境の変化もあんまり気にしないので、年の割に落ち着きがなく、いろいろなことを試したがる。

すると、日本人的思考の人からはたしなめられることが多い。

 

海外に住んでいたことはないし、英語もしゃべれない。

でも、海外文化にゆかりのある人と話す方が、考え方を共感してもらえたりする。

 

なので、今回のバイリンガールの動画は共感できるし、もう少し日本人もこういう考え方をしていいだろうと思った。

芸能人とかは年齢気にしていなさそうなのに、なんでだろう。

 

今、この瞬間が、残りの人生で一番若い瞬間

 

そう思ったら、年齢を気にする人達の方が、今を生きることに必死になりそうなものだけどな。

 

試したいことをためらっている場合ではない。