ぴょん吉の家

ぴょん吉が目にしたり耳にした、いろいろなことを書き溜めていくブログ。

古いウォークマンNW-S736Fのノイズキャンセリングを生かせるイヤホンは?

一体いつから使っているのかわからないが、いまだに私の移動時間のお供はこれである。

 

f:id:mgreen56:20170729122807j:plain

 

SONY ウォークマン NW-S736F」

 

10年とまではいかない気がするが、7、8年は使っていると思われる。

とっくの昔に生産終了しているタイプだ。

 

 

最近店頭で見かけるウォークマンのSシリーズといえばこの辺りだろう。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SONY デジタルオーディオプレーヤー(8GB) ウォークマン ライトピンク

楽天市場
Amazon

 キラキラ感が違う。(笑)

 

 

これだけ長く使っていると、どうしたってガタがくる。

本体の充電は長持ちしないし(とはいえ1日持つから問題はない)、落っことしたりして傷がついているし。

何より一番は、イヤホンの劣化。

 

 

つい先日まで、その辺で買った安いイヤホンで代用していた。

音はちゃんと聞こえるし、問題がないといえば、まぁない。

 

だがしかし!!!

このソニーウォークマンの最大の特徴を生かすことができない…!!

 

そう、

ノイズキャンセリング機能だ!!

 

 

ノイズキャンセリング機能とは、その名の通り、騒音を消す(緩和)してくれる機能のこと。

これによって、音量を上げなくても音楽がよく聞こえるし、重低音も1,000円前後のイヤホンとは響きが違う。

なにより一番のお気に入りポイントは、周りの騒音を緩和してくれることだ。

都会の喧騒の中を、毎日出勤するしがない会社員のわたしには必須アイテムといっても過言ではない。

 

 

このノイズキャンセリング機能は、基本的に付属の専用イヤホンでなければ効果を発揮しない。

だが、わたしの相棒(旧型ウォークマン)の相棒(イヤホン)は、とっくに生産が終了している。

さて、どうしたものか。

 

 

わたしの仮説は、こうだ。

「そうはいってもウォークマンなんだから、ソニーノイズキャンセリング用のイヤホンなら大丈夫だろう!」

 

 

早速購入してみた。

f:id:mgreen56:20170729124650j:plain

例のごとく、写真を撮るタイミングを誤った。

パッケージなんて残ってやしない。

 

 

久しぶりのノイズキャンセリング用イヤホン。

わくわくしながら、装着してみた。

 

おお、これは・・・!

 

懐かしいこの重低音。

周りの音がシャットダウンされる心地よさ。

音量を半分以下にしても聞こえるクリアな音質。

 

これだよ、わたしが求めていたものは・・・!

 

 

 

結論。

新しいソニーノイズキャンセリング用イヤホンは、古いウォークマンでも機能する。

 

 

 

だが、1つだけ残念な点があった。

わたしの記憶が確かならば、NW-S736Fのウォークマンのこの部分。↓

f:id:mgreen56:20170729125450j:plain

このスイッチを入れると、音楽を流していなくても、周りの騒音が一気に静かになる機能が搭載されていたはずなのだ。

サイレントモードというやつだろうか。

f:id:mgreen56:20170729125900p:plain

(出典:ソニー 商品情報>NW-S730Fシリーズ)

 

これが、新しいイヤホンでは機能しなかったのだ。

このスイッチを入れたとたんに、魔法のように騒音が緩和されるあの快感を、もう一度味わいたかった・・・!

 

だが、普通にイヤホンを耳にはめるだけでも、耳栓のようにだいぶ騒音は緩和される。

音楽を流せばよりまわりの音は気にならなくなる。

(社内アナウンスを聞き逃して乗り過ごすほどに)

それを考えれば、この新しいイヤホンでも、十分な役割を果たしてくれていると言えよう。

 

古いノイズキャンセリング機能搭載のウォークマンをお持ちの方は、何かしらの参考までに。