ぴょん吉の家

ぴょん吉が目にしたり耳にした、いろいろなことを書き溜めていくブログ。

大股で歩いても、目的地があっても、早く歩けないんですけれど。

昔から歩くのが人より遅い。

 

朝の通勤時間が一番わかりやすいのだが、

多くのサラリーマンやOLがツカツカと一心不乱に駅に向かって歩いている。

自分が先頭に立っていたはずなのに、横断歩道の信号が青に変わった途端、あっという間にごぼう抜き。

 

駅から家までの距離は、不動産屋さんの募集図面を見たときは8分だったのに、私の足では10分以上かかる。

 

 ・・・まぁ、ざっくりサバ読んでいる不動産屋さんもいるので、なんともいえないところだが(笑)

 

 

 

ネットで調べてみた。

「早く歩くにはどうしたら?」

 

・目的意識をもって歩こう!

→出勤のために駅に向かっていても遅い

・大股で歩こう!

→目いっぱい大股でもやっぱり遅い。

 

 

 

どうしたものかと自分なりに考えてみた。

「大股で歩く」

まず、大股で歩こうとしても、自分の足の長さに限界があるんじゃなかろうか(笑)

 

だからね、人よりも足の回転を速くしてみた。

1歩分の大きさよりも、歩数を増やす作戦。

 

・・・疲れる(´・ω・`)

 

電車の時間がぎりぎりでやばい!

という心理状態の時はいいが、正直普段からこんなせかせか歩きたくない。

 

 

 

そう、わたしは歩いているときに、いろいろ考えながら歩いている人間だということに気が付いた。

「あ~いい天気だなぁ~」

「あ、もうトウモロコシの季節なんだな~」

「あれ、もうこんなにトウモロコシ成長しちょるよ」

「え!トウモロコシぶった切られてるよ!?収穫ってこうやるの??」

f:id:mgreen56:20170706230932j:plain

(写真はイメージです)

 

 

出勤のために駅に向かってはいるが、どうやら目的意識はそこにはなかったようだ。

私が早く歩くためには、まず、このゆるゆる考え事タイムを犠牲にする必要があるのかもしれない。

 

 

 

・・・いや、時間に余裕をもって家を出ることにしよう。

 

 

 

 


ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村