ぴょん吉の家

ぴょん吉が目にしたり耳にした、いろいろなことを書き溜めていくブログ。

折り畳み傘の寿命って何年?かれこれ10年以上経ちますけども

f:id:mgreen56:20170703143000j:plain

先日、折り畳み傘を開こうとしたら、なかなか柄の部分が開かなくなってしまった。

あぁ、とうとう壊れたか?

ずいぶん使っているもんなぁ

 

いつから使っているのか考えてみると、おそらく10年は使っている。

 さすがに多少色あせている気もするが、機能性としては問題ない。

折り畳み傘だから、どこかに置き忘れるということもまぁない。

 

10年使っていれば柄の好みも変わってくるということはある。

でも飽きたから捨てるのもなぁ~

 

そもそも折り畳み傘の寿命ってどれくらいなんだ?

 

 

 

傘は実は手のひらでくるくると巻いて閉じるのはよくないそうだ。

手のひらの油分が、傘の撥水コーティングを弱くしてしまう。

女性はハンドクリームなどを付けることも多いので、なおさら気を付けたい。

 

ただしくは、傘を閉じたときの折り目をつまんで全体を整え、

まとめるときはベルトをもってくるくるする。

 

とにかく、できるだけ手のひらの油分を付けないようにするのがポイントだ。

 

 

 

さらには、傘全体を洗剤で洗うという方法もある。

洗濯用の洗剤を5倍から10倍程度に薄めて、スポンジで全体を洗う。

洗剤を洗い流したら、ドライヤーで乾かす。

 

この、ドライヤーで乾かすというのがまたポイント。

ドライヤーの熱のおかげで、撥水コーティングの効力がよみがえるそうだ。

 

傘を丸洗いなんて考えたこともなかったよ。

買った当初からちゃんと手入れしていたらよかったなぁ。

 

 

 

調べてみると、どうやら傘の寿命は3、4年程度らしい。

いやはや、10年以上て。

お疲れ様ですマイアンブレラ。

 

その後、傘の調子が悪かったのはその1回だけで、また何事もなかったかのようにしっかり働いてくれています。

これからはもっと労わるよ。